普段からおみそ汁はお野菜が充実したものに

私はアラフォーの「主婦」です。
わたしが一番美容的に注意を払っている事は「食」と「睡眠」です。
自分は以前からお通じが悪い人なんです。

なので便秘解消も狙って日頃から沢山の生野菜などを摂り入れるように気を付けています。
普段からおみそ汁はお野菜が充実したものにしています。
タンパク源の主菜に箸をつけるまえに可能な限りたっぷりと野菜サラダなどを口にする事も私の習慣。

この流れを守る事でお肉やお魚、ゴハンの摂取量をスムーズに減少させることに成功しますし、野菜をバクバク食せます。
それだけでは野菜類の不足が気に掛かるので一日一杯の青汁も忘れません。

便秘症は肌トラブルの大きな原因となります。
便通が悪くならないように、通常のお料理で多くの食物繊維を食す事をモットーにしています。

そして夜は十分に「睡眠」の時間を取っています。
学生時代とは異なり頑張り過ぎるとその日以降のお肌や体調に問題が起きやすくなっているので、毎夜グズグズせずに眠るように気を付けることで、毎日のけん怠感を消し去って肌荒れ知らずで暮らせていると思います。

私は美容面において色々気を配っている事があります。
なかでも案外大切だと思うのが『メイクグッズを清潔にする』ことです。

やり始めた切っ掛けは、「汚れたブラシやパフを使うのはバイ菌を塗りつけるようなもの」という特集を見て、それからというもの絶えずお手入れするようにしています。
メイクアップ用品のなかでも、スポンジやパフやブラシは汚れを落として乾燥させるのが大変です。
けれどしょっちゅう洗浄するようにして、私の中で変化がありました。

第一に、お化粧が綺麗に仕上がるようになったかな。
それと肌トラブルが激減した事と、更に予想外だったのがまぶたに炎症が起きなくなったってことです。

度々まぶたに腫れ物が出来ていたのは、お化粧道具の衛生状態が悪かったせいだと、すごく反省しました。
ですから自分は極力毎週、休みの前の日に化粧パフと化粧ブラシを専用の石鹸で汚れを落とすようにしています。

化粧用スポンジはプチプラな物は一週間でおしまいにして、使い捨てできない物は一週間に2回は専用クレンザーで綺麗にするようにして、目一杯使い続けます。
まぶたに腫れ物が出来たり、化粧を施すと肌トラブルが起きるような場合は、化粧品と肌の相性が悪い場合もありますが、化粧ブラシ等の不衛生さが問題かも知れないので、再点検してみるといいかもしれませんね。

自分が数ヵ月前からやり始めたのが毎朝30分くらい歩きに行くことそして白湯を飲むことです。
私は目覚めてまずさ湯をコップ1ぱいちょっとずつ飲みます。

これによって、ぐっと体があたたまり体の動きがよくなります。
その後少しストレッチ運動をしてから近所の公園へ歩きに出かけています。
わたくしは1年ほど前から体重を落としていて、目標にしていた体重まで落とせました。

目標体重になってからはスタイルを維持できるように、このような歩くことそして白湯を始めました。
最初は歩くことよりもランニングをした方が効果があると思いましたが、ジョギングだとあたしは体力がもたなくてやる気も無くなってしまったのでウォーキングにしました。

太陽の光を浴びて風景を眺めているとこれだけのことでもわたくしは気持ちの切り替えができました。

さ湯を飲む事は減量をしている時からいつもやっていました。
白湯は目覚めに飲むと体が温まってフットワークがよくなります。
体重、スタイルはキープできているから効果があるんだと思います。
これからもやっていくつもりです。

Related Posts