お風呂上りに全身を保湿クリームなどでしっかり保湿する

美容で実行していることなど書いてみようかと思います。
昔からあまり気にしてやってはおらず、かつものぐさな私が行っている事ですので、中身的には大したことはないですが、するかしないかでは随分違ってきますから、参考までに。

まずお肌においては基本的なことですが、入念な保湿です。
乾燥するんですよね、特にこの季節は。
取り立てて良い化粧品は使用していませんが、お風呂上りに全身を保湿クリームなどでしっかり保湿することで、翌朝のお肌はずいぶん違います。

そして、入浴中のマッサージ。
ひざ下部分を中心に揉みます。
足三里のつぼは特に効きますね。

マッサージをすると、足の疲れだけでなく、むくみが大分軽くなります。
元々これに関しては習慣になっていたので、妊娠していた時もむくんでおらず、看護士の方が驚いていました。
とはいうものの、お風呂に子供と入るとどうしても難しいので、今は週末に一人で入れる時くらいしか出来なくなったんですけどね。

あとおススメなのがベリーダンスです。
バッキバキに鍛えて痩せたいタイプの方向きではありませんが、女性的な容姿を作ることが出来ます。
骨盤のゆがみなどが心配な人には適していると思います。
習いに行ければ一番ですが、最近では沢山本が出ているので、それを真似しながらでもできます。

カラダの為にも良いですし、利点もたくさんあります。
他には食事はバランスよく摂取し、睡眠をしっかりとることも不可欠だと思います。
やはり健康をキープするのが、美容にかかわってくると思います。

美容に関しては食事面がいちばん大事だと思うので、自分自身は食事に気をつけています。
とはいってもそんなに難しい事ではなくて、バランスよく食べるということ。
特にお野菜が足りなかったりするので、野菜をつとめて多く食べるように心がけています。

たとえばレタスだったらサラダだとたくさんの量は食べられませんが、熱を加えればまるっと1個は食べることが出来るのです。
なので、お鍋に入れたりスープに入れたり、炒めるなどして極力かさを少なくしていっぱい食べられるようにしています。
野菜を多めに食べるとお通じも良いですし、便通がいいとお肌のハリも良くなりうれしい事が沢山です。

他にも、良質のたんぱく質をたっぷりとるように心がけています。
太らないように気遣っているので、ささみなどのあぶらの少ないお肉にしています。
タンパク質が足りなくなると髪の毛がぱさぱさしたり肌の状態が悪くなったりという事を昔テレビの番組で見たので、まずはタンパク質が足りなくならないように気を付けています。

普段の暮らしの中で、自分がどんな顔でいるのか知っていらっしゃいますか?恐らく、そういった時の自分の顏なんて見ることはないという人もいると思います。
お皿を洗っている時、お洗濯の時、お掃除をしている時。
そういった時の顔はずっと下を向いていませんか?表情筋は下を向いていた場合重力が働き下を向いてしまいます。

だから、知らない間に表情筋も垂れてしまうのでシワになったり顏が膨らんでしまったような感じがします。
では、どんな暮らしをすればベストなのかというと「そんな無意識な時こそニッコリ笑顔」です。
笑っていれば、口角も上がるし頬も上がるのです。

実際に楽しくて笑うのであればそれはすごくしあわせなのですが、頻繁にある事ではないですよね?
その場合、何も考えずに行う作業時は笑顔で行ってみてはどうですか?表情筋があがり、お顔の下垂の防止ができます。

Related Posts