身体を冷やさないように気をつけていること

身体を冷やすと、血流が悪くなり、肌のくすみや代謝に影響すると聞いたことがあります。私は冷え性で、少し冷たい風にあたっただけで、すぐにお腹を壊してしまうほどなので、外に出るときは暑いときは、カーディガンを持っていくようにし、スーパーなど施設内に入った時に、冷房で冷えないようにしています。

また、乳製品は食べ過ぎると身体を冷やすとのことで、牛乳ではなく豆乳を買うようにし、バターなどもニキビの原因にもなるので家に置いていません。代わりに、オリーブオイルを油がわりに料理に使っています。オリーブオイルは、抗酸化作用もあり、若返り効果もあるとのことです。

飲み物は冷たいものをできるだけ飲まないようにし、常温か、温めたお茶を飲むようにしています。
食事はできるだけ身体を温めると言われている根菜類を多く使った料理を作り、時間がないときは、具沢山のスープやお味噌汁に入れ、ご飯を炊き込む時に、一緒に刻んだ人参やキノコなどを入れると、煮るのに手間のかかる根菜類も無理なく料理に含めることができます。

Related Posts